ねらい目タクシードライバー

初心者のためのタクシー情報サイト

若いタクシー運転手が不足

若いタクシー運転手が不足 高齢者の増加が大きな社会的問題になっている現代日本ですが、タクシー業界も例外ではありません。タクシー運転手の高齢化と人手不足は想像を絶した厳しさがあるのです。
若い人が車離れしている傾向があり、タクシー運転手になりたがらない人が増えてきています。業界としてはこちらのほうが深刻な問題だと受け止めているのです。インバウンド需要が増え、2020年には東京オリンピックが予定されていることもあって、ますます需要増が見込まれているだけに若手の人材確保は切迫した課題になっております。タクシー運転手に求められる2種免許の受験には、21歳以上の年齢要件と普通免許保有3年以上などといった経験年数の要件が付加されています。ひところであれば高校を卒業してから普通免許を取得するケースが多かったのですが、近年では大学を卒業した時点で免許を取得する人も目立ってきて、新卒者が入社しても当面は乗務できないケースが急増しているのです。非常に悩ましい事案であることは間違いありません。

高給のタクシー運転手の気になる給与について

高給のタクシー運転手の気になる給与について タクシー運転手には高給と言われる職種が存在することは意外と知られています。普段街を走行しているタクシーとは業種が異なり、ハイヤーサービスが中心となります。もちろん、社会的に地位の高い人を乗せる事が前提となるので、未経験者はほとんど募集がありません。代わりに経験者であって運転に自信があれば高待遇でタクシー運転手で雇ってもらうことができます。
普通のタクシー運転手の給与が40万円未満と言われている現代において、ハイヤーサービスの運転手であれば月に100万円も固くはないと言われています。サービス精神やきめ細やかな対応が求められますが、高給であることから転職者が相次いでいます。子供の進学を機にお金がかかるようになったことからハイヤーサービスの運転手へ転職する人が多いです。安定した収入を得ることができ、収入の殆どが予約なので流しのタクシー運転手よりも安定してお金を稼ぐことが出来ることが人気の理由となっています。