ねらい目タクシードライバー

初心者のためのタクシー情報サイト

タクシー運転手の年収

タクシー運転手の年収 信用できる情報元の資料によると、全国的にみて2018年のタクシー運転手の平均年収は348万ということです。もちろん、地域によりことなり東京のタクシー運転手だと470万になります。やはり都会の方が、年収が高くなる傾向があり、関東だと東京の他に千葉・神奈川・埼玉、関西だと大阪が多く給料をもらえるでしょう。人口が少なくまた観光客もあまりいない地域だと、そもそもタクシーを利用する人が少ないので給料はどうしても低くなってしまいます。それは、東日本でも西日本でも基本的に同じです。

全国を対象とした場合、別のデータを確認すると、2010年と2017年を比較すると毎年アップしていました。2010年だと278万から2017年は332万になっています。因みに、平均年齢は50代後半となっていて、勤続年数は9~10年程度となっています。性別による収入の差もデータからは読み取れます。たとえば2017年男性場合333万ですが、女性になると292万です。

タクシー運転手で必要となる資格はどんな物があるのか

タクシー運転手で必要となる資格はどんな物があるのか タクシー運転手で必要となるのが、いわゆる二種免許といわれる「普通自動車第二種運転免許」の資格です。これは利用者の方を乗せて運ぶという旅客用自動車となるためで、これらのタクシーには商業ナンバーが付けられている事も特徴です。この二種免許は道路交通法によって、通常の一種免許を取得してから3年経過している事が条件となりますので、最低でも21歳からの取得となるでしょう。
タクシー運転手の応募条件では必ずしも必須とされている訳ではなく、入社後から二種免許を取得するシステムも導入されている事があります。会社によっては支援制度でサポートしているケースもあり、資金面の支援などが見受けられます。
またその地域により地理試験という資格が必要となる場合があり、東京や大阪のタクシー会社で導入されているシステムとなっているようです。この試験は主要となる施設や幹線道路などの地理の知識を問われる物で、中心部のタクシー会社で見受けられる試験となっています。