ねらい目タクシードライバー

初心者のためのタクシー情報サイト

タクシー運転手への転職はライバルが少ない?人手不足の現状とは?

タクシー運転手への転職はライバルが少ない?人手不足の現状とは? タクシー運転手は慢性的な人手不足の状態にあります。
これは別にタクシー運転手だけに限りません。
トラック運転手などでもドライバーの数が足りず、運送会社などでは料金を値上げせざるを得ないとか、配達時間帯を限定せざるを得ないといったニュースを耳にすることもあるでしょう。
それと状況は似たようなものです。
そのためもあって、タクシー会社への転職はライバルが少ない状況です。
ライバルとの競争に負けてしまって採用されなかったなどということはまず起こらないと考えて良いでしょう。
というのも、タクシー会社にとって見れば、ドライバーのいない状態でクルマを遊ばせておいては1円の収入にもなりません。
収入はないのに、クルマを停めておく駐車場料金とて無料ではありませんし、車検などにも費用はかかります。
ですから、遊ばせておくくらいならばぜひとも1人でも多くのドライバーを採用したいと考えているのです。
ベテランかどうかはこの際どうでも良いことが多いのです。

転職前より収入アップ!タクシー運転手の歩合で期待できる高給

転職前より収入アップ!タクシー運転手の歩合で期待できる高給 タクシー運転手になるためのスキルは、普通自動車免許です。
そのため、自動車免許を持っていれば、年齢や性別に関係なく、タクシー業界を目指すことが出来ます。
また、やる気も大変重要な職業であるといえます。
その理由は歩合給の占めるウエイトが高く、どれだけ多くのお客様を乗せたかによって収入が変動するからです。
新人期間が定められているタクシー会社が多く、新人ドライバーはその間に一連の流れを習得する必要があります。
期間中は月給の保証額が定められているケースも多く、こうした制度が年輩のみならず若年層の働き手の増加につながっていると考えられます。
タクシー運転手は元々ブルーカラーとして位置づけられていたこともあり、この保証制度はドライバーの生活安定面を支えていると言っても過言ではないのです。
流し営業や待機時間が少なくなるよう、会社の指示でターミナル駅や繁華街のロータリーにタクシーを配備するというタクシー会社も増加傾向にあります。